シミウスジェルの全成分表&解析!副作用が怖いって本当?

シミウスジェルの全成分表&解析!副作用が怖いって本当?

シミウスジェルの成分について、こんな不安ありませんか?

  • 肌に悪い成分は入っていない?
  • 敏感肌の場合、ヒリヒリしない?
  • ニキビ肌、アトピー肌の場合、状態が悪化しない?

できるだけ肌への負担が少なく、効果が高いジェルなどでシミケア対策をしたいですよね。

シミウスジェルなら、シミへの効果が臨床実験でも認められている医薬部外品なので、シミウス適量を顔全体になじませるだけで、2種類のシミ有効成分と45種類の保湿成分が年齢肌にアプローチして、透明感のあるハリツヤ肌を実感することができますよ。

この記事では、シミウスジェルの全成分を解析して、普通肌の方はもちろん、敏感肌やニキビ肌、アトピー肌の方でも安心して使えるか調べてみました。

シミウスジェルの全成分の解析結果を今すぐ見たい方は↓下記のリンクをクリックしてみてね。 解析結果の見出しまでジャンプするよ。

▶今すぐシミウスジェルの全成分解析結果を見る

【関連記事】

シミウスジェルの成分

シミウスジェルの成分の中に、肌にに悪い成分や危険な成分は入っていない?

シミウスジェルは効果が高いと口コミでも好評で、試しに使ってみたいけど、もしも肌に悪い成分や危険な成分が入っていたらためらってしまいますよね。

でも、肌に悪い成分が入っていないか、一つ一つ調べるのってすごく面倒じゃないですか?

そんなあなたのために、シミウスジェルに配合されている成分を一つ一つ解析してみました。

まずはシミウスジェルにはどんな成分が入っているのか確認しておきましょう。

シミウスジェルの全成分表

こちらがシミウスの全成分表です。

【有効成分】

グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス(1)

【その他の成分】

精製水、濃グリセリン、1,3-ブチレングリコール、ジグリセリン、プロピレングリコール、1,2-ペンタンジオール、酵母エキス(1)、デイ・リリー花発酵液、ハス種子乳酸菌発酵液、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、水素添加大豆リン脂質、フィトステロール、油溶性シコンエキス(1)、カンゾウフラボノイド、ハイビスカス花発酵液、ニチレイ・アセロラエキスWB、シャクヤクエキス、水溶性コラーゲン液N、加水分解コラーゲン液(4)、天然ビタミンE、パルミチン酸レチノール、テトラ2-へキシルデカン酸アスコルビル、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ヒメフウロエキス、キウイエキス、エイジツエキス、サクラ葉抽出液、シコンエキス、ウコンエキス、カモミラエキス(1)、豆乳発酵液、コメ発酵液、エーデルワイスエキス、シラカバエキス、ユキノシタエキス、スイカズラエキス、シソエキス(1)、ツボクサエキス、イザヨイバラエキス、キョウニンエキス、トウモロコシ油、トレハロース、キサンタンガム、カルボキシビニルポリマー、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、水酸化カリウム、無水エタノール、パラオキシ安息香酸メチル、フェノキシエタノール、エタノール、青色1号、赤色106号、香料

引用:メビウス製薬

シミウスジェルの全成分解析結果

グリセリン、BG、PG、ペンチレングリコールなどの水溶基材に、油性成分のフィトステロールが配合されているo/wエマルジョンがベースです。カルボキシビニルポリマー等のゲル化剤を配合してゲル状にしています。

水ベースのo/w型エマルジョンということで、みずみずしい使用感とトリートメント性があります。

PG、ペンチレングリコールは配合量によってはわずかな刺激になりえますが、上から4,5番目ということで、基本的には低刺激のベースだと思います。

美白※有効成分のグリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキスがシミやくすみにアプローチします。

セラミド3種、水素添加大豆リン脂質・5種の植物由来エキスなど高保湿(バリア機能補強)成分も多く配合されています。

シミウスジェルの副作用

シミウスジェルは効果が高いって聞いたんだけど、副作用が怖いって本当?

シミウスジェルは効果が高いと実感している方が多い一方で、副作用が怖いと感じる方も少なからずいるみたいですよね。

特に、敏感肌の方はヒリヒリしないか、ニキビ肌・アトピー肌の方は状態が悪化しないか、副作用が気になりますよね。

基本的に副作用の心配はありません。

ジェルの成分構成は、主成分が水で、アルコール類がベースの役割、その他の成分、といった感じになっています。

ジェルで肌がヒリヒリする原因は、主にアルコール類にあります。

普通肌の方にとっては問題ないのですが、敏感肌の方や、皮膚炎性のある方にとって刺激になり得るのが、アルコール類のPG、ペンチレングリコール、ビタミンA誘導体のパルミチン酸レチノールです。

また、試験データでは、一般的に皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと報告されていますが、個別事例では、ごくまれに皮膚感作を引き起こす可能性があると報告されているのがツボクサエキスになります。

敏感肌の場合、ヒリヒリしない?

グリセリンも、BGも、とてもお肌に優しい成分で、非常に低刺激な成分ですし、PGも、ペンチレングリコールも、BGと同じくらい低刺激な成分ですので、基本的に問題ないと思います。

PGは抗菌性があり、ペンチレングリコールは優れた抗菌性があり、配合量が多いと刺激になりえますが、グリセリン、BG、の次の4,5番目ですので、さほど刺激の懸念もなさそうかなと思います。

パルミチン酸レチノールは抗シワ作用がありますが、試験データによると、一般的に皮膚刺激性は、ほとんどなし~ごくまれにわずかな皮膚刺激が起こる可能性があるとされています。

100~200人に1人くらいの割合ですので、基本的にほとんどの方は問題ないと思います。かなりの敏感肌の方や皮膚炎症のある方は、事前にパッチテストをして皮膚反応を確かめてから使用したいですね。

ニキビ肌・アトピー肌の場合、状態が悪化しない?

ニキビができる原因の一つとして、アクネ菌の増殖があります。ジェルなどに含まれているグリセリンなどの成分がアクネ菌の栄養源となり、ニキビができる可能性は少なからずあるのではないかといわれることがありまが、シミウスに配合されているペンチレングリコールは優れた抗菌性があり、肌に塗布する際に一定数のアクネ菌を殺菌してくれるため、基本的にニキビが悪化する心配はないと思います。

アトピーの原因の一つとして、アレルギー体質があります。ジェルなどに含まれているいずれかの成分が体質に合わないために、人によってはアトピーが悪化する可能性は少なからずありますが、シミウスに配合されているグリセリン、BG、ペンチレングリコール、パルミチン酸レチノールなどをはじめとした成分はアレルギー性ほとんどありませんので、基本的にアトピーが悪化する心配はないと思います。

ですが、一つだけ注意したい成分がツボクサエキスです。

ヒト試験データでは、一般的に皮膚感作性(アレルギー性)は、ほとんどないと報告されているため、基本的にアトピーが悪化する心配はないと思います。ただ個別事例では、ごくまれに皮膚感作を引き起こす可能性があると報告されているため、特にアトピー肌がひどい方は、事前にパッチテストをして皮膚反応を確かめてから使用したいですね。

実際にシミウスジェルを購入して使用した方の口コミでも、

と言われています。

ですので、シミウスジェルの副作用は、そんなに気にする必要ははないと思います。

シミウスジェルに含まれている成分は、基本的には副作用の心配はないので、どなたでも安心して使えますよ。

\ 初回限定63%OFF特別キャンペーン実施中! /
定期縛りなし!いつでも解約可能!

【関連記事】

タイトルとURLをコピーしました